« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

初めての運動会

Nec_0108

ムスコは中2だが、去年は運動会を欠席してしまったので、今回、中学での運動会は初めてになる。

去年は練習しすぎて当日体調を崩し、欠席するという本末転倒なことになってしまったのだ。

今年は練習もほどほどに、いい感じで当日を迎えた。

お天気もご覧の通りの晴天。

先週の日曜は、ムスメの小学校で運動会があったが、小学校のうちは親も熱心だし日曜だしで、おおさわぎの運動会だった。

しかし、中学ともなると、自分たちのための自分たちによる運動会。

3学年だけだし、すっきりさっぱりしたものだ。

 

でも、今って中学の運動会に親が見に来ちゃうのね。

私たちの時は、PTAの父兄がいるくらいだったような・・・

私も、見に行くつもりはなかったんだけど、みんな見に行くみたいだし、うちだけ行かないってのもムスコがかわいそうなので行ってみることにしたのだ。

少子化で、どの親も子供を大事に育てているってことなのだろう。

大変よね。

部活動なんかも、私たちの頃と違って「保護者会」なんてものがどこの部活にもあって、飲み物やお弁当の準備をする。

各人でお弁当を用意すればいいし、自転車で移動でいいと思うんだけど、親がそれを許さないんだろうな。(強い部活は親の協力なしにはやっていけないから、多少は仕方ない部分もあるみたい。)

 

うちのムスコの所属する剣道部は、その辺ゆるいのでとっても楽させてもらっているんですけどね。(笑)

|

ものぐさグッズ~卵焼き器~

File0191

今日はムスメの小学校の運動会だった。

運動会はいつもお弁当持ちになる。

応援に行った家族も、校庭でお弁当を食べるので、私も気合いが入る一日だ。

 

お弁当のおかずで、一番最初に名前が挙がるのは、なんと言っても卵焼きだろう。

だけど、毎日作る夫のお弁当には前にも書いたとおり、卵焼きは入れないでいる。(コレステロールが高いから)

でも、こういう運動会とかの行楽弁当には、卵焼きの鮮やかな色はとても欲しい。

 

これまでも、子供たちのお弁当には卵焼きを入れていたけれど、卵焼き器なんてないからいつも丸いフライパンで作っていた。

丸いフライパンで、四角い厚焼き卵ができるのか?っていうとそれができちゃうんだな。

でも、コツはいる。

慣れないとムリ。

四角い銅製の本格的な卵焼きもあるんだけど、これだと5人分くらいできちゃう。

多すぎ。

これは、おせちの伊達巻専用にしている。

もっと手軽に、少ない量が作れる物をと言うことで、今回コレを購入。

今日初めてこの四角い卵焼き器を使って卵焼きを焼いたのだが、何のコツもいらないのでびっくるするほどあっという間にできてしまった。

今まで苦労してたのが、バカらしい。

どこにうちにだって、一つはあるようなものじゃないか!

なにを買い渋っていたんだろう?

丸いフライパンで苦労して四角い卵焼き作って、悦に入ってるのは自分だけだってわかってきた。

もっと早く買ってれば良かった。

 

私の場合、こういう「灯台下暗し」みたいなことってたくさんある。

なんで、こんなこと気づかずに毎日過ごしていたんだ!ってことが意外とある。

不便を我慢して生活し続けている。

不便を不便とも思わずに、ボンヤリ暮らしていることがいけないんだろう。

不便と感じていることに敏感になることが、工夫の第一歩なのかも?

| | コメント (3)

歯医者通い

わ~。

最近、こっちのブログさぼっちゃってるなと思ったら10日以上書いてなかったんだ。

歯が痛くて、引きこもってたからな~。 

 

親知らずを抜いて、抜いたところはもうなんともないけれど、やっぱり親知らずの隣あたりの歯が痛い。

もちろん、親知らずがあったときよりはいいのだが・・・。

そんなわけで、今度は口腔外科の先生に元の歯科の先生にお手紙書いてもらって、いつもの歯科の先生のところに通うことになった。

もう片方の親知らずを抜くのは、虫歯の治療を終えてからだ。 

この歯科の先生には、学生の頃からお世話になっている。

私より、いくつか年が上なんだろうな。

開業されたばかりの頃から通い出してるから。

そのころの先生は、無口だがとても繊細で優しい感じだった。

治療も丁寧で、強引に歯を削るようなことはなく、少しずつそっと削っていくのだ。

まるで職人技だった。

歯に詰め物をするのも、かみ合わせがうまくいくように、時間をかけて丁寧にやってくれるので、治療後もとても調子がいい。

いつもマスクとメガネなのだが、手の美しい先生で、その技術も相まってとてもかっこいい容姿を勝手に想像していた。 

しかし、この10年間くらいはおかげさまで歯に不都合がなく、先生にお世話になることはなかく、3年ほど前に虫歯ができて、久しぶりにこの歯科に通うことになった。

そこで遭遇したのは、マスクなしの素顔の先生だった。 

先生の素顔は・・・ 

 

 

イジリー岡田だった!

もうね、自分の見る目のなさに打ちのめされたね。

先生もそれなりにお年をかさねられたせいか、おしゃべりになっていて以前の頃の神秘的な部分がまるでない!

先生、ゆるすぎ!

まあ、おじちゃんになっちゃった、てことね。

私もおばちゃんになっちゃったけど、この先生ほど落差ないと思いたい。

いや、勝手に私が想像していただけか。 

まあ、歯医者はホストクラブではない。

かっこよくなくても信頼できる技術があれば通いますよ。

先生がイジリー岡田でもね。

| | コメント (0)

親知らず抜いてみよう~3

今日は抜糸だった。

苦労して抜いた右下の親知らずは切開して抜いたので、縫ったのだ。

抜糸も痛いのかなあと不安だったけど、今までの痛みに比べたら何でもなかった。

「あ~そこそこ。そこがなんか気持ち悪いんですよ~。」って思ってるうちに糸ははずせたようだった。

 

糸がはずれると、きもちいい。

それまで痛かったのは、糸でつれていたからだったのだ。

片方の歯だけでものを噛んで食べていたので、舌は噛むしたくさん食べられなかった。

それが今日は、口の中全部でほおばってもOK!

何食べてもおいし~!

カツ丼でしょ、うどんでしょ、サンドイッチにビール!

あ~、満足した!

親知らず抜いてから、ものが食べられなかったから、少しやせられるかと思ったけど、今日一日でかなり挽回してしまった。

私のバアイ、抜いたところだけじゃなく、口を縫わないとムリっぽいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼ドラ見てる間に

親知らずを抜いてからというもの、痛くてつらくてダラダラとテレビを観ているうちに、昼ドラにはまった話をもう一つのブログの方に書いた。

寝込んでしまうような痛さではないのだが、ずっと続くズキズキとした痛みは何をするのもおっくうで、ただただボンヤリとテレビを観てしまったり、延々とPCでスパイダソリティアをやってしまう4日間だった。

しかし、今日は歯の痛みを忘れる時間があった!

すっかりほおの腫れも引いたし、口の中も縫ったところがつる程度の痛みだけだ。

 

久々に庭に出てみた。

生ゴミ堆肥から自然に生えてきたカボチャが大きくなっていて、6つも実が成っていた。

裏のミョウガもたくさん実(?)がついていた。

さっそく収穫。

File0189 File0190

ミョウガは去年、肥料をまいておいた成果が出たようだ。

みたこともない大きさのものが採れた。

でも、この画像だと比較するものが映っていないな~。

カボチャの方は、私の履いてる23.5㎝のメレルジャングルモックと比べていただければ、なかなかの大きさだと納得していただけるだろう。 

私がウンウン言って、昼ドラ観たりスパイダソリティアやってる間に、庭の植物は確実に実をつけ成長してくれていたようだ。

いい子だねぇ。

しかし、雑草の方ものび放題。

ウワァ~ン!

| | コメント (0)

親知らず抜いてみよう~2

親知らずを抜いて二日目。

口の中の腫れは引いてきて、夕べは寝るまで出血していたのも止まった。

しかし、抜いたほうの右ほほが腫れている。

朝はちょっとしこっている程度だったのに、昼過ぎになったら誰が見てもわかるほどになってきた。

帰ってきたムスコは「ほっぺにアメダマ隠してるのかと思った。」と無邪気なことを言っていた。

午前中に、医者に患部を消毒してもらいに行った。

「腫れてきました」と先生に言ったら、

「歯を抜いたんだからしょうがないんだよ」

ということだ。

しょうがないんですか・・・ 

細かいこと言うと喉も痛い。

炎症が喉に広がることもあるらしい。

とにかく、首から上がみんな痛い。

痛み止めもあと2回分しかないので、配分を考えなくてはならない。

 

なのにこんな時に限って、実家の両親が旅行のおみやげのカニなんて持ってきた。

カニなんて食べる元気なんてないよ!

まあ、こんな時っておいしそうにも感じないのだが、私はひとり稲庭うどんをすすっていた。

歯が痛いって悲し~い!

| | コメント (2)

親知らず抜いてみよう

お久しぶりです。ぴろです。 

やっと子供たちが学校に通い始めたというのに、今度は歯痛。

どうも親知らずが原因のよう。

いつも通っている歯科の先生に紹介状を書いてもらい、総合病院の口腔外科で抜いてもらうことになった。

みんながみんな、今は簡単に痛くもなく抜いてもらえると口をそろえて言う。

「親知らずを抜くと、それまでがうそだったようにすっきりするよ~。」

なんて言う人までいた。

そうか。昔から肩こりや頭痛は無い人だったのに、このところ頻繁だった。

そういうのも消えるのか。

「体重もスッキリしちゃったりして!」

といったら、

「ナイナイナイ!」

とムスメに速効でツッコまれた。

で、今日抜きに行ってきた。

 

ウソじゃん!

だれ?痛くないって言ったの?

痛いよ!凄く痛かったよ!

私のバアイ、皆さんと違って生えてきている方向がおかしくて、親知らずが寝ちゃっている状態。

それが、骨に癒着していたらしく、先生もなかなか抜けなくて歯がバキバキに折れた状態で抜くことになってしまった。

上の歯も抜かなきゃならないのだが、先生も、私がうめいているので申し訳なく思ったらしく、

「痛かったら騒いじゃっていいよ。ヘタクソ!っていっていいからね。」

と、いってくれた。

いい先生だ~。

患者が痛がるのなんて慣れちゃって、麻痺してる先生っているよね。

私みたいに治療中騒いだりすると、いやがるもん。普通。

でも、こういう患者の痛みをわかってくれる先生っていいよね。

この先生なら、上の歯もお願いするわ。

で、上も抜いてきた。

上はきれいに抜けた。痛くない。

てか、下が痛いのでわからなかった。

抜いた歯はこれ。ビニール袋に入ってます。

File0188

気持ち悪いので、引き気味に撮りました。

下の○は100円玉ね。

親知らずの歯ってデカイね。

| | コメント (4)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »