« 2007年6月 | トップページ | 2008年5月 »

4月30日(水)

File0004

インゲンの肉巻

手綱こんにゃく

煮玉子

サラスパ

菜飯

|

4月28日(月)

File0003

ヒレカツ(コールスロー添え)

切こぶ煮(夕食のおかずを冷凍)

スナックエンドウ ミニトマト

とりグリル焼き(たれに漬け込んだものを焼いた)

梅干し、錦胡麻

|

4月25日(金)

File0002

ひき肉団子とピーマンのケチャップ炒め

サラスパ

大根と厚揚げの煮物

焼きジャケ

ダシがらふりかけ

今日は、30分寝坊をした。

そのため、やってはいけないと心に決めていたのに、昨夜の残りの煮物をいれてしまった。

痛恨!

|

4月24日(木)

File0001

豚肉しょうが焼(コールスロー添)

しいたけと人参の煮物

かき菜と玉ねぎ漬けの和え物

チキンナゲット

梅干し 錦胡麻

|

4月23日(水)

File0006_2

卵焼きしらす入り

プチトマト

スナックエンドウ

鶏つくね焼き

ちくわきゅうり詰め

ゆかりふりかけ

|

4月22日(火)

P4220542

サラスパ

ハンバーグ(練って冷凍して置いたもの)

焼きジャケ

ヒジキ煮(いつかの夕飯の取り置きを冷凍)

菜飯

|

4月21日(月)

P4210527_2

鶏のから揚げ

カジキみそ漬け

ボイルエビ、キュウリ、新玉ねぎのサラダ

手綱こんにゃく

ダシがらふりかけ

|

4月18日(金)

File0029

かじきみそ漬け

肉詰めピーマン

エリンギソテー

かまぼこ

ミニトマト

きゅうりの玉ねぎ漬けの和え物

(玉ねぎ漬けは玉ねぎのみじん切りを塩コショウ酢で漬け込んだもの)

ゆかりふりかけ

今日はパパがお弁当いらないのを言わなかったので作ってしまい、お昼に久しぶりに自分で作ったお弁当を食べた。

パパの分には肉詰めピーマンを入れていないのだけれど、けっこうおなかいっぱい。

|

4月17日(木)

File0028

塩焼き鶏

マカロニのケチャップ炒め

ボイルホタテのしょうゆバター炒め

きゅうりとなめ茸の和え物

ダシがらふりかけ

|

4月16日(水)

File0027

アスパラ肉巻

焼きジャケ

ヒジキ煮

きゅうりと細切りしょうがの一夜漬け

塩昆布とゴマのふりかけ

|

4月15日(火)

File0026

肉団子といとこんの秘伝のタレ煮(玉ねぎと挽肉を味をつけて練って冷凍し解凍したもの)

ウィンナーとアスパラガス炒め

ちくわきゅうり詰め

人参ともやしのおひたし

ゆかりふりかけ

|

こちらはムスコの弁当ブログです

しばらくこちらのブログはお休みしていましたが、今日からこちらは、高校生になったムスコに作るお弁当画像をアップするのに使おうかと思っています。

もともと、こういうちまちま料理することって苦手なタチなので、たいしたお弁当は作れません。

そんな私ですから、これから先、絶対に献立に詰まると思うんですよね。

そういうとき、ふりかえって、「あ、こんなの作ってた時あったんだ・・・」みたに使おうと思っているんです。

あくまでも記録目的ってことです。

決してみなさんの参考になるようなお弁当ではないと思いますので、今日でこのブログのことは、きれいさっぱり忘れてくださって結構です。

だったら、非公開ブログにしたらいいのに・・・って思われますよね普通。

でも、公開することで緊張感も生まれ、毎日がんばってお弁当作れるかな?とも思うんですね。

ここは恥をしのんで、全世界に向けてムスコの弁当の中身を発信しちまいます。

コメント欄もはずしちゃいます。

なにかありましたらメインのアメブロのほうでどうぞ。

コチラ→ぴろりーぬの「これやってみよう!」アメブロ版

作ることでいっぱいいっぱいなので、画像だけになることもあるし、まとめてアップすることもあります。

あしからず・・・

それではさっそくいきます。(さっそくまとめてアップだよ)

4/11(金)

File0023

カニカマ巻卵焼き

豚肉とピーマンの生姜焼き

サラスパサラダ(サラスパは火曜に一気にたくさん茹でて冷凍保存したもの)

ミニトマト

だしがらフリカケ(だしをとった鰹節と昆布に味付けしたもの)

4/14(月)

File0024

ぶりの照り焼き(「ぴろ秘伝のタレ」使用)

鶏から揚げ(「ぴろ秘伝のタレ」+しょうが汁に付け込んだ鶏肉)

中華クラゲきゅうり和え

ミニトマト

手綱こんにゃく(先週末まとめて煮て置いたもの)

きゅうりのきゅうちゃん

*「ぴろ秘伝のタレ」についてはコチラにアップしました。

  アメブロ版4/14記事

|

« 2007年6月 | トップページ | 2008年5月 »